上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑


転職活動をするに当たっては、どういった資格があればいいものなのでしょうか。企業が転職者に求める資格をいくつか調べてみました。パソコンの資格はどの企業でも求めています。営業でもユーザーサポートでも、受付や広報に関わることまで、様々な業種においてパソコンの操作能力を持っている人が望まれています。

半分以上の求人が、転職での採用者は常務に未経験でもパソコンスキルは持っていて欲しいと思っています。エクセルやワードの操作方法を知っていることは、どんな課でも最低限の知識でしょう。営業事務や一般事務だけでなく、総務の処理や人事関係のデータは、パソコンの高度な知識が必要になるようです。

社内の文章やちょっとした資料作りでもパソコンは重宝しますので、どんな業務の人で必要なスキルかもしれません。これまでついていた仕事が全く別業種だったとしても、パソコンが使えれば採用可能という会社もありますので、特に屋内での仕事を望む方はパソコンに慣れておきましょう。仕事によっては、まず大前提として資格がなければならない場合もあります。国家の資格試験に合格

しなければその仕事に従事できないものとしては、美容師や看護師などがあります。美容師の国家試験の受験資格は、厚生労働大臣指定の専門学校で2年、通信課程なら3年学び卒業するのが条件です。美容師資格はヘアサロンでの就職だけでなく、エステサロンや結婚式場でも役に立ち、特に女性に人気があります。

看護師は受験資格に規定されている学校や看護師養成所で必要な学科を修業後、国家試験に合格すれば取得出来ます。転職を考える場合、看護師の資格は応用性がある便利な資格です。医療機関の他、保健福祉施設や介護関係の仕事にも役に立つからです。
2009.11.27(13:29)|転職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


転職をするに当たって新たな資格取得に挑むという人は多いようです。リストラによる退職や会社が潰れたことで、転職活動に取り組んでいるという方は大勢いるようです。転職をする時に有利に働く資格を取っておくことで、新たな仕事を探す時に武器とすることができます。

転職に臨む際、仕事に役立つ資格を持っていれば無資格な人よりは採用されやすくなりますし、職能給などによって就職後の待遇が良くなるということもあります。元の仕事を離れたことをきっかけに、取得した資格から独立して収益を得るという道も開けます。資格を取るための勉強をしている人の中には、独学での限界を感じていたり、多忙で時間の捻出が難しい人もいるようです。

効率よく資格取得の勉強をしたいという方は、通信教育を使うことも多いようです。資格の勉強を通信教育で行うことにより、孤独感を軽減し、リーズナブルで、通学で学ぶよりお得な方法だとして、受講者の数は年々増加しています。何が起こるか分からない世の中だから、転職の際の為に有利になるように、何か手に職をつけて安心したいという堅実派が多いようです。

今の仕事でもっと自分の価値を高めたい、スキルアップして仕事の質をあげたいという人も多くいます。一度しか無い人生だから憧れの職業に挑戦したい人、自分の好きな事を仕事にしたい人もいます。転職のためだけではなく、大好きな事でお金を稼ぎたい人、夢を叶えてるため資格を取得しようと頑張っている人がたくさんいるのです。
2009.11.26(21:00)|転職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


求人情報を扱うサイトやフリーペーパーには、求人情報だけでなく転職ノウハウが入っていることもあります。転職活動ではどんなやり方がうまくいったか、一体何で失敗したかなど、転職情報誌や転職支援サイトの体験談はなかなか捨てたものではありません。今まで気にしていなかった重要なポイントが見つかることもあります。情報の価値は玉石混淆ですか

ら、自分にとっては意味がない情報ならそれほど身を入れて読む必要はないでしょう。自分にとって有用な情報を見極めるのが、転職ノウハウとの付き合い方です。転職のノウハウ本は書店に数多く並んでいますが、奮発して本を買わずとも、情報を仕入れるやり方はあります。あちこちに応募しても採用されず、気力も保たず判断力も低下していると感じた時は、しばらく転職活動を完全に忘れる期間をもうけるという方法もあります。

転職のことをすっぱり忘れね身も心もリフレッシュさせることも、転職ノウハウの一環と考えましょう。転職に成功するために重要な転職ノウハウは、決してめげないことです。書類選考の段階で次から次に落ちてしまい、気が滅入ることもあるでしょう。

自分では会心の出来だと思っていた面接だとしても、よくない結果が出てしまうということは十分にあります。就職ノウハウを考える場合には、不採用が続いてもそれでやる気をなくしてしまわず努力を重ねていくことで、自ずとどうすればいいかが分かってきます。納得のいく会社に入る前の下準備だというくらいで、ノウハウを積み重ねながら今後の就職活動に取り組みましょう。
2009.11.25(21:39)|転職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
転職面接必勝法


転職エージェントを、新しい仕事を探すときに利用する方が最近増加しています。現段階で仕事に就いている可能性が高いので、転職を考えていらっしゃる方の多くは、j限られた時間で転職活動をしなければなりません。

残業や休日出勤が多い仕事をされている方なら、尚更そうでしょう。面接に転職のため行きたいけれども、相手先との都合が合わずにやむなく応募を辞退したという方も案外多いのではないでしょうか。転職エージェントは、そんな時に頼りになってくれます。

転職エージェントとは、中途採用に的を絞り、仕事を探している求職者と、求人情報を出している企業先との架け橋となってくれる存在です。転職エージェントの利用者が年々増えていることからも、転職エージェントを利用するメリットが多いことが分かります。

転職エージェントとの対談を、まず行います。、現在の市場の動きと照らし合わせながら、求職者の希望する仕事の紹介だけではなく、比較的転職が成功しやすい仕事先を、求職者のスキルに合わせた転職の可能性を考慮し紹介してくれるなど、さまざまな助言をしてくれます。それから、企業への連絡を、メールで転職エージェントに応募の意志を伝えるだけで、行ってくれるサービスが導入されているようです。魅力なのは、毎回履歴書を書く手間が省けることではないでしょうか。

すべての転職エージェントのこのようなサービスは、費用が無料で受けられるのです。ぜひ仕事を変わりたいと思い、転職活動をする場合には、利用してみてくださいね。

2009.09.17(23:35)|転職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
転職面接必勝法


実際に転職を考え始めてから、平均的な次の仕事先が見つかるまでの期間は、3ヶ月から半年ということです。転職するための期間を、それ以上にかけてしまうと、新しい仕事先を探す気力がなくなってきてしまうので、転職をあきらめてしまうという人が多いようです。ほとんどの中途採用を受け付けている企業の場合、即戦力を求めているといえます。

転職に有利なのは、1ヶ月後に勤務可能な人材と半年先でなければ入社不可能な人材の場合、どちらであるかは、余程のスキルと自信がある場合は別として、はっきりとしています。希望の仕事に転職するためにも、事前から退社のタイミングを計っておきましょう。きちんと新しい仕事先が決定するまでは、転職の話を上司や同僚に持ち出す必要ないでしょう。けれども、転職活動を控えるのがベターなのは、管理職などの責任あるポジションに就いていると人で、現在関わっている仕事があり、まだ一段落して引き継ぎないという状況の人です、引き継ぎを計画的にしないと、自分自身のゆとりも奪われてしまいますし、面接の時間を割くのも難しくなるでしょう。

それから万が一引き止められたときのことも考慮し、現職の規定の退職準備期間よりも遅めに、新しい職場への入社可能日を設定しましょう。転職が、せっかく新しい仕事先が決まったのに、入社日が延びてご破算となることだけは無いようにしましょう。可能性として、短期間の遅れであれば就職先の企業も納得してくれることがあります。心がけていただきたいのは、転職して仕事を変わる場合には、前もって計画を立てて周りに迷惑をかけないようにすることなのです。

2009.09.07(19:09)|転職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
おすすめサイト
仕事探し ナビ カテゴリー
仕事探し最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
パーツ
  • seo
SBM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。