FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
女性の中には、子供ができてからも家のことを配偶者と分担しながら仕事を続行したいという人がいます。女性も仕事をした方が収入的にも安定しますし、自由に遣えるお小遣いも確保できます。家族で海外旅行などとリッチな生活も夢ではありません。結婚相手を探す時、共働きを前提にするならやはりある程度の素養は求めたいものです。

仕事をしながらある程度の料理が任せられて、親元を離れて暮らしたことがある男性が理想的です。掃除や洗濯、炊事の経験のない男性と一緒になった女性が結婚後も働くには、男性側にもある程度の家事能力をつけてもらう必要があります。結婚する前なら家事の分担について、双方納得がいくまで話し合っておくべき事です。もう1つ大切なのは育児についてです。

日本では少子高齢化の対策のため、仕事を持つ女性を応援するサービスも増えているようですが、女性の育児の負担は大きいものです。女性の男性に対する愛情は出産後1年で低下というニュースが話題になりました。子育てを手伝おうとせず、仕事に疲れているからと女性の育児を傍観している男性には、愛情は抱けないかもしれません。

育児に協力的な男性でなければ、女性が仕事に復帰しても身体的にも心理的にも大きなストレスの原因になってしまいます。結婚後の仕事は、パートナーと助け合い補い合いながら行うことで、育児や家事労働にかかる労力を上手に分散していく必要があるといえます。

高収入・仕事探し最新情報満載ranking

にほんブログ村 就職バイトブログへ


スポンサーサイト
2009.06.03(15:31)|女性が働くことコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
在宅ワークは、結婚や妊娠で仕事を退職した女性に人気の高い仕事のようです。とはいえ、在宅ワークに長期間取り組む女性は少なく、ほとんどの女性の在宅ワークの継続期間は5年程度のようです。在宅ワークのほとんどが、それほど収入も多くないようです。

パートやアルバイトなど外の仕事の方が効率がいいことが多いので、育児に時間がかからなくなってきた頃から外で働く女性が増えています。毎日通わずとも、または就労時間も短く住むことが、パートの仕事のメリットといえます。子どもが小学生ぐらいのうちは、子どもが学校から帰ってくるまでの間で出来る仕事をする女性が多く、パート社員は小さい子供のいる女性にとって、働きやすい雇用形態となっています。パート社員として仕事をする上で注意すべき点がいくつかあります。

多くの人は、既婚女性がパートの仕事などで家計を助けたいという場合、あまり稼ぎすぎない方がいいという話を聞いたことがあるでしょう。被扶養者である妻が仕事でどれだけ収入を得ているかによって、配偶者の所得税や住民税、扶養控除などに反映されることがあるからです。また、年収が高く扶養控除から外れてしまうと自分で健康保険に加入する義務が生じるため、一年間の収入をどの程度に留めるべきかを意識する女性は少なくありません。

女性の仕事によって必要となる収入は、生活環境や家族構成によっても変わります。いずれにせよ、パートで女性が収入を得る際には、保険面や税金面についても検討をしておく必要があります。

高収入・仕事探し最新情報満載ranking

にほんブログ村 就職バイトブログへ


2009.05.28(22:04)|女性が働くことコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
働ける人の数の割合が募集人数よりも減っていることがあり、この頃の国内では年齢や性別だけでふるい落とされることは少ないようです。女性が転職するなら35歳までが限界というのが今までの常識でしたが、今は募集年齢を少しずつ上げている企業も増えています。企業の求める人材であるなら、40歳を過ぎていても雇用のチャンスはあるようです。

即戦力になれる能力を持ち、数々の経験をこなしていてる人の方が、新規採用の女性よりも求められることがあるようです。けれども、やはり40代以上の女性にとっては、買い手市場である状況が多いようです。求人条件がいい時は、応募者数が多く倍率が高くてなかなか採用されないという状況になりそうです。

すぐに会社の戦力になってくれるような女性を捜す会社は、中高年の女性の求人をするようです。40代以上の女性が転職に失敗しないためには、即戦力になれる能力を身につけていることをアピールできるようにするといいでしょう。しっかりと自分のアピールポイントを身につけることで転職を有利に進めることができるでしょう。今は中高年向けの就職紹介会社もあります。

転職情報サイトを利用して中高年向けの転職情報を取得し、それを使って転職活動をしてもいいでしょう。40代を越えてからの転職活動は簡単なことではありませんが、転職の情報を集めて自分を磨けば、きっと転職もうまくいくでしょう。

高収入・仕事探し最新情報満載ranking

にほんブログ村 就職バイトブログへ


2009.05.26(21:49)|女性が働くことコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
男性と女性はものの感じ方が違っており、仕事の内容や職場での人との繋がりについての見方にもそれが表れています。男性の場合は、仕事をするに際して自分の立場や権能を重要視し、人間関係の中でも上下の関係を意識します。この人より下には見られたくない、せめて平均より上には見られたいなど、女性より競争意識が強いことも男性の特長といえます。

自分を軸に心理的な関係がどうなっているかを気にするのが女性の特長です。私にとって良い人悪い人、好きな人嫌いな人などと職場での居心地を重視する傾向があるのも女性です。女性は住まいを定め子供を育てる生き物なので、住環境に敵がいないことが大事なのでしょう。男性が感じる職場のストレスは、上下関係を意識する男性特有の感じ方があります。

仕事を進める際の関係性だけでなく、今後を見越した人間関係作りや働きやすい場所作りにストレスを感じることが女性は多いようです。仕事をする上でも、女性は居場所として大丈夫かどうかを基軸にものごとを見ているようです。

仕事の内容によっては男性のような見方をした方がいい時や、居場所としての良さよりやりがいや自己実現を優先すべき時もあります。ある程度は人間関係に目をつぶり、居心地の悪い職場でも他の部分にモチベーションを見いだす方が、長期の勤務に向くこともあります。仕事の成功やスキルアップなどにもある程度やりがいを見つけ出してもいいでしょう。

高収入・仕事探し最新情報満載ranking

にほんブログ村 就職バイトブログへ


2009.05.21(22:19)|女性が働くことコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
おすすめサイト
仕事探し ナビ カテゴリー
仕事探し最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
パーツ
  • seo
SBM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。