上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑


インターネットは、使い方さえわかれば仕事の紹介などの情報が簡単に手に入るツールとなります。

仕事に関しては、様々な専門のサイトがあるので仕事探しに大いに役に立ちます。ただし、条件が良いとはいえない仕事が紹介されていることがありますので、注意しましょう。在宅ワークの紹介サイトも数多くありますが、情報の質には気をつけてください。在宅でできる仕事をインターネットで検索すると、とても信じられないような収入額を記載して仕事を紹介しているサイトもあるようです。

報酬が高い仕事ほど、誰でもできる仕事を短時間で行えばいいという趣旨で人を募集していることが多いようです。仕事をするということは簡単であっても、楽して多額の収入を得られる仕事なんてそうあるはずがありません。労力に見合っただけの賃金が支払われるのが当然です。

もしも不自然なほど高額の報酬が約束されている在宅ワークが紹介されていたら、からくりがある考えていいでしょう。全てがそうということはないでしょうが、仕事をするための紹介料や手数料を求めたり、機材を買わせたりといったことをしてくる会社もあります。

慣れればいくらでも仕事をこなすことができるからと言われたのでお金を振り込んだけれど、全く儲けにならない仕事ばかりだったという仕事もあるようです。インターネットは仕事紹介にはとても便利ですが、怪しい話に乗せられてしまわないよう、在宅ワークに関する甘い話にはくれぐれも用心してください。
スポンサーサイト
2010.01.03(19:18)|就職情報コメント(0)トラックバック(1)TOP↑


資格を取得する時には、転職活動で即戦力となれるようなものを選ぶことが、転職を有利に進められます。会社の人事担当は、転職活動者の履歴書に目を通す時には資格欄を確認します。

資格によっては書かない方がいいものもあります。持っている全ての資格を記載するという決まりがあるわけではないので、選んで書くことも時に大事です。自社と無関係な資格ばかりたくさんもっている人を相手にすると、人事担当者はどうしてうちに来たんだろうと考えることもあるようです。営業を希望しての転職活動だったにもかかわらず、簿記資格を履歴書に書いていたために経理になってしまったという話もあります。

資格取得にチャレンジする姿勢そのものを評価する企業もあります。資格を書く事が必ずしもマイナスになるわけではないようです。自分が会社に役に立つ人材だと表明できないような履歴書に仕上がらないように気をつけましょう。転職先の企業が求めているのは資格だけではないことも頭に入れておきましょう。

自己アピールは、資格だけでできるものではありません。経験の有無を重視する会社も数多くあります。転職者を採用する場合には、少なくとも1年~3年の経験を積んだ人を探すようです。相手企業がどういった資格保持者を求めているのか、どんな分野の経験者を必要としているかをあらかじめ知っておきましょう。

人事担当者が採用したいと考えている人物像をイメージできることが必要です。資格を生かして転職を有利にするめることができると良いですね。

[PR]栃木 一人旅耳よりランキング
2009.12.22(16:34)|就職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


効率的な就職活動を、就職セミナーを利用してすすめている人がけっこう多いようです。就職セミナーには実にさまざまなものが存在しています。その中からいくつかご紹介しましょう。多くの求人企業で実施されている就職セミナーがあります。

就職活動とは何かを、教育プログラムを用いることによって知るとともに、セミナーでは自己分析や自己表現の準備ができるようになっているようなのです。人気の就職セミナーに、企業博覧会のような、大きな会場にたくさんの企業とたくさんの学生を集めて行われるようなセミナーもあります。

選考がすべて1日で行われるセミナーもあり、通常何週間もかかる選考期間と何回にも及ぶ選考過程を省略し、エントリーから説明会の実施、面接までを行ってしまいます。このセミナーは時間に余裕がない社会人にとっては便利な就職セミナーです。このごろ増えているのは、就職サイトや求人サイトに掲載されていない非公開の求人情報が見られるというセミナーです。このセミナーは、今までにないタイプの就職セミナーなのです。

人事担当者が、面接に受かる人や受からない人のポイントを詳しくコーチしてくれる就職セミナーもあり、初めて就職活動をする人は受けておきたいセミナーの一つです。セミナーには、グループディスカッションのコツを教えてくれるセミナーや、さまざまな業界についての解説をしてくれるセミナーなど、いろいろな情報やテクニックを、就職セミナーでは教えてくれるので、就職するためには役立つものです。このような就職セミナーをぜひとも活用して、就職活動を効率的に行えるとよいですね。
2009.11.28(14:04)|就職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


就職の作文を書く時にはどのような事に気をつければ良いのでしょうか。たいていの場合、作文に求められているテーマに意味はありません。試験によくあるテーマとしては、「私の生活信条」「就職をするに当たっての抱負」「組織と個人について」「今関心があること」等といったものです。

色々なバリエーションがあるように見えますが、職業や時事問題に関する基礎的な知識を確かめつつ、名詞1つをキーワードにするものや、人生観や仕事観などのスタンスを尋ねるというものです。プロのような素晴らしい論文を書かせようとしているものではありません。読める文を書くという一点くらいは、こなさなければならないのは事実でしょう。とはいえ、担当者を感動させるような世紀の名文を書く必要はなく、就職試験に採用されるための作文であればいいのです。

求職者にあるテーマで作文を書いてもらうことにより、その人がどんな人物か見たいという理由で就職試験の作文にはあります。文章には、その人のオリジナル要素がどうしても見え隠れします。自己アピールのために書かれた作文であれば、言うまでもありまん。

書類審査のために、履歴書と合わせて用いることもあります。就職活動で相手をしなければならない人数が膨大になれば、会社側としても一人一人の見極めは大変です。そこで受験者を絞り込む手っ取り早い方法として、就職の作文試験を課すことが多いようです。
2009.11.24(09:27)|就職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


数ある求人情報の中からお目当ての会社を見つけたら、その会社について詳しく調べてみましょう。お目当ての会社が発行している書物や開設しているホームページはもちろん、可能ならば下見に行くことも重要です。採用されることになったら長時間をそこで過ごすことになるのですから、どんなところか情報収集をしたくなるものです。

肌身で感じることができれば、求人情報以上の知識が得られるでしょう。求人情報と会社の環境を何度か見ていれば、看破する力も増してきます。会社に関する口コミ情報を見つけることができる場所もありますが、信じ込みすぎるのも考えものです。主観的な意見ばかりだったり、ごく限られた感想だけという場合もあります。

すべての噂が的外れだとは言えませんが、あくまで聞き流す程度に止めてください。優柔不断な人はなおさらです。それで不安をあおられ、せっかくの求人情報を逃がす恐れもあります。会社に対して疑問点があれば、遠慮なく相手先に問い合わせてみましょう。

身元を明かさずに質問だけをしたいという場合は、フリーアドレスを使ってメールで質問をしたり、公衆電話を利用して電話番号が見られないようにすることです。時には気後れせずにわからない部分は問い合わせて白黒はっきりつけておくことで、雇用されてからこんなハズではなかったと思わずに気持ちよく働けます。
2009.11.17(13:59)|就職情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
おすすめサイト
仕事探し ナビ カテゴリー
仕事探し最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
パーツ
  • seo
SBM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。